2019年11月13日

見られ真っ向

前回からのつづき

八百万(やおよろず)の神とはよく言ったもので、意志を持たれた見えない存在が数多く居られます。ただ、その方々が神様?なのかどうかは分かりません。
霊?精霊?エネルギー体?

しかし、それだけでも私にとっては衝撃的で、今までの価値観を揺るがすこととなりました。
例えば、誰も見ていないときの振る舞い。
、、、見守られている前提という意識に変わりました。
善きも悪きも、誉められることも恥ずべきことも、
誇らしいこともみっともないことも、
全部、見られてる意識。

もう一つ、気が付いたこと。
見えない方々に対しては、意志伝達に言葉が不要。
私は未熟者なので先方の意志はわかりませんが、こちらが頭で考えたことは言葉で発しなくても伝わるようです。
、、、
これは、隠し事ができないということかな~、と。
私たちの人と人との付き合いは、心と行動が違ったりして裏表があることもありますが、見えない方々にはそれが出来ない。
考えが筒抜け、素の自分で真っ向勝負(笑)となります。


またつづく

(私の記述にはもしかしたら誤りや思い違いが含まれているかもしれません。その場合はすみません。)


posted by てんせ at 23:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください