2020年03月10日

興味深し

私はキリスト教徒ではないが、聖書を持っている。
持っているだけで、まともに読んだことはなかった。
昔少し読んだ際の記憶は、なんだかよく分からない、難解だな〜、みたいな印象しかない。

、、、
しかし、
今日何となく読み返してみたところ、
いまは意味が分かる!

完璧ではないが、かなり理解できる。
自分の変化にびっくり。

聖書の内容、
とても興味深い。


ACEFAC6D-6965-49A2-92CA-BFB09E12B4B6.jpeg
posted by てんせ at 22:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月09日

交互の波

相変わらず、とても良いことと、とても悪いことが交互に起こっている。
クラクラするときもあるが、試されていると思うことにする。
悪いことも、視点を変えれば捉え方が変わる。
感情の起伏のコントロールを意識する。

修行、修行



C90505C2-2016-4203-BADA-26B04E186C3B.jpeg
↑今朝の雲海は美しかった。




posted by てんせ at 23:29| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

排他性

我欲を棄て他人のために自分を犠牲にすればするほど
内部の神性がより大きく発揮され、あなたの存在の目的を成就しはじめることになります。
家族的情愛や恋愛が間違っていると言っているのではありません。
外へ向けてのより広い愛の方が上だと言っているのです。
排他性の内向的愛よりも発展性の外向的愛の方が上です。
いかなる資質にも上等のものと下等のもの、明るい面と暗い面があるものです。

家族的な愛は往々にして排他性を帯びます。
いわゆる血のつながりによる結びつきです。
それは進化の過程における動物的段階の名残りである防衛本能によって支配されていることがよくあります。
が、愛の最高の表現は
己を思わず、報酬を求めず、温かさすら伴わずに、
全てのものを愛することができることです。

(シルバー・バーチの言葉より)



、、、
最近の新型コロナウイルス関連の買い占め騒動などの混乱を見て、思い出した一文
物事は理想論だけでは解決できないが、自分が何かを判断をすべき状況となったときの心構えはできているだろうか。

忘れないように記録





posted by てんせ at 13:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする