2019年10月15日

力の結晶

10年程前に、ツタヤでふと目についた一冊の本。

「中村天風 一日一話」

はじめのページに載っていたフレーズに感銘を受けた思い出。



「力の誦句」

私は力だ。力の結晶だ。

何ものにも打ち克つ力の結晶だ。

だから、何ものにも負けないのだ。

病にも、運命にも。

否、あらゆるすべてのものに打ち克つ力だ。

そうだ! 強いつよい力の結晶だ。


、、、
つらいとき、疲れたとき、ここ一番の踏ん張りどころのとき、
何度このフレーズに助けられたかわからない。

本の内容も素晴らしく、以前は理解できなかったことも、今は完全に理解できる。
宗教じゃない、哲学なんだという説明も、とても的を得ていると思います。

天風先生は波乱の人生を経験されており、色々な意見があるとは思いますが、今の私はこの哲学に大きな影響を受けています。


天風先生、ありがとうございます。
posted by てんせ at 23:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする