2019年10月20日

少しずつ登る

朝から近くの神社巡り。

B253DFA8-46F9-4327-BD47-7B3996ED1E45.jpeg

石段を登りつつ、ふと思う。
長い階段は人生と似ている。
登るのは疲れることもある。
足下を見ながら、一歩ずつ登る。
少しずつ、上に上がっていく。成長していく。
楽な方、平坦な道や下り道に進むことも選べる。
しかし、そうしたら上には登れない。
何で登るのか、疑問を持つときもある。
それはおそらく、忘れている。
皆それぞれの目的に向かって登っている。
忙しないこの世界で、自分で設定した目標、頂上が霞んでいるのだと思う。

毎日、少しずつ一歩ずつでも登る。



posted by てんせ at 09:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

事故に遭ったら

今日、うちの子供が事故にあった。

横断歩道を横断中に、走ってきた車と接触したとのこと。

今から事故の手続きを進めていくことになるが、経験上、時間と手間がかかる作業となることが予想される。
私は、自分自身や身内、友人関係において何故か事故遭遇の回数が多く、人より少し経験豊富だと言える。(加害1回、被害5回、身内の事故6回)


参考となるかもしれないので、記録してみようかと思う。


まず、自分もしくは身内が事故に遭遇したら、この3つ。
1 絶対に警察を呼ぶこと。
  身内から事故に遭ったとの連絡があったら、警察を呼ぶように伝えること。
2 現場検証後、すぐに病院に行くこと。
  または、被害者には必ずすぐに病院に行ってもらうこと。
  (明らかにケガしていたら、すぐに救急車を呼ぶこと)
3 相手との連絡先交換。


1について、
110番で状況と場所を伝えれば、来ていただけます。
軽い事故の場合は、110番は気が引けてかけにくいかもですが、些細な事故でも絶対に警察に現場検証をしてもらうべきです。
これをやらないと、後々とんでもなく悲しいことになる可能性があります。経験談です。
本当に後悔しますので。

2について、
被害者側であれば、絶対に病院にすぐ行くこと。
事故直後は気が張っており、痛みの感覚がマヒしていることがあります。ほっとしたら、容態が急変するかもしれません。
加害者側であれば、救急車を呼ぶこと。
119番です。こちらも状況と場所を伝えればOKです。
相手にケガの可能性が0.1%でもあれば、すぐに病院に行ってもらう必要があります。
これも、そのとき相手が大丈夫と言っていても、後々変わる可能性が非常に高いからです。
本当に容態が悪化する人もいれば、深くは書けないような理由で重症化する方もいたりとか、、、。これも経験談です。
警察に現場検証してもらっていれば、そのときの状況が記録として残りますので。

3について、
その場で連絡先を交換しておかないといけません。
警察の方もその旨アドバイスをされますが、電話番号ならば携帯だけでなく、固定電話も聞いておくべきです。
警察は記録を取りますが、相手の連絡先は個人情報なので後で聞いても教えてくれません。


他にもやるべきことがありますが、まずは重要な上記3つを記録。
また追加情報を書いていきます。



posted by てんせ at 23:28| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

交通事故

病院に来ています。

7240947F-A98F-4E3A-89D8-2828E6E0D706.jpeg

先程、子供が交通事故にあったため、診察中。

昼過ぎに事故当事者の子供から携帯で連絡があり、
近所の横断歩道を横断中に、車に軽くはねられたとのこと。
怪我の具合を尋ねると、重症ではないようで、まずは大事に至らないで不幸中の幸い。
相手は救急車は呼んでいないとのこと。

慌てて現場に向かうと、
目撃された方が、警察に証言していただいているところでした。
身体が浮く衝撃だったらしい。
目撃された方、お忙しいのに現場に残っていただいて、本当にありがとうございます。

相手との連絡先交換、現場検証を終えて病院へ。
腕、腰が痛いとのこと。
病院で診てもらうしかない。

345A407B-E41D-476A-8822-C9E45100EA11.jpeg

、、、
さてと、事故処理は手間と時間がかかります。
これから色々あるな〜、と。



posted by てんせ at 17:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする